イベントやプレゼントで大活躍!喜ばれる缶バッチ制作のポイント

サイトマップ

缶バッチ

ネットで缶バッチの制作を注文

缶バッチの画像を検索すると、いろいろなデザインの缶バッチを見ることができます。文字、数字、キャラクター、写真、シンボルマークなどが目立つように描かれています。こういった缶バッチは、制作を請け負う会社に依頼すると、簡単に制作できます。最近では、インターネット上で画像を送信するだけで注文ができるようになっています。大きさは直径20ミリから70ミリ程度まで選べます。バッチの形も、丸いものや、四角いものや、ハート型のものなどが選べるようになっています。10個程度から注文できるようです。価格は制作する数が多くなるに連れて単価が下がっていきます。価格はお店によりますが、1個あたり数10円から数100円までの間になっているようです。
使い道としては、記念に作ったり、イベントで配ったり、販促で配ったり、大量に作って販売したりいろいろあります。個人で使用する場合にも、帽子や服につけたり、バッグにつけたり、並べて鑑賞したりして楽しむことができます。缶バッチを制作するお店のサイトを見ると、実際に注文された缶バッチを見ることができます。自分はこんな缶バッチが欲しい、というアイディアが浮かんだら、缶バッチを制作するお店に注文してみるといいかもしれません。

業者に制作を頼んで色々な缶バッチを作ろう

イベント用の配布物で数ある中から缶バッチに決めたという人は、多くの人に行き渡るように安く多く制作できる点と他にはないオリジナリティを大切にしているはずです。缶バッチはその用件を満たしていてまさにピッタリなわけですが、ロゴなどの決まったデザインをあらかじめ用意しているのでなければ形を選んでからデザインを考えると独自のものが出来上がりやすくなります。
円形で小さく、そしてピンで留めるものが缶バッチという一般的なイメージを崩して形で勝負しましょう。ネットで気軽に注文できるものには四角形やハート型などもあり、他に色々な缶バッチをたくさんつけていてもその特徴のおかげで埋もれにくく目立つことができるのです。女性には特にハート型はウケが良く、口コミで人気を呼ぶこともあります。そうなればイベントの成功への期待はさらに高まるため、想定より多めに制作しておくと良いでしょう。
ネットで注文したら安く作れるので、同じデザインでも裏側をピンとマグネットで制作し分けたり、キーホルダーにしたりひとつだけにこだわらなくても良いのではないでしょうか。そうすることで違うデザインで交換して交流する文化が生まれ、イベントが意外なところで盛り上がる可能性も否定できないわけです。

ターゲットを見据えて缶バッチを制作

缶バッチはイベントの記念品としての扱いが多いことからその価値はおまけ程度という認識のままの方が少なくないかもしれませんが、イベントに限らず様々なところでもらえる機会があるので隠れた収集家が多く潜在的な宣伝力は高いのです。配ったり売ったりする制作側としてそこに付加価値を与えられるかどうかはデザインセンスに委ねられます。
デザインはとても重要ですから自社や個人のロゴを単に模したものという無難なものも捨て切れませんが、これぞオリジナルという主張を込めていればそれをきっかけにイベントや人との交流の成功をもたらします。そしてターゲットがある程度絞られているのならその層に合わせたデザインを行う応用力も試されているといっても良いでしょう。コストが安いからこそ前衛的な制作が可能なのが缶バッチのメリットです。
女性中心ならハート型を用意したり若者相手ならその場で携帯に付けられるストラップタイプ、そして年配の方には持ち物へ気軽に安全ピンで付けられるタイプなどです。そのためあらゆるニーズに対応できるよう地味でオーソドックスな缶バッチのイメージをリセットし、常に革新的なオリジナルを作るデザイナー気分になり多種多様で大量に制作しておくのがベストといえます。

トピックス